皆さんこんにちは。いよいよ新年度に入りましたね。
風に桜の花が舞って最高の季節感の中、私たちだけでなく新たに社会人になる方や新入学の方などが気持ちを新たに違う世界に足を踏み入れる時期です。
皆さんも頑張ってくださいね! って誰に向かって話しているのか。。。(^^;)

 

さて、今回のサポート実例は『リモートデスクトップによるCAD用PCの共有化』を行った報告です。

今回のお客様でのご要望は『CADソフトが限られたパソコンにしか入っていないので、それをみんなで共有できないか?』との事でした。そこで今回導入したのがこの『リモートデスクトップ』です。
これにより限られたパソコンに複数の方が作業が行えるようになりました。(一度に複数人の作業はできませんが。。。)

『リモート』ときくと特別な有料ソフトが必要なイメージがありますが、じつはWindowsの標準機能の中に『リモートデスクトップ』というとても便利な機能があります。この機能を使う事で一対一ではありますが限定されたパソコンに複数のパソコンからアクセスしてソフトを動かすと言った事が可能になります。
まずどのようなシチュエーションで利用されているかと言うと、、、
 ●CADソフトが入っているパソコンが限られているがみんなで使いたい
 ●経理ソフトが入っているパソコンが限られているが複数人で使いたい
 ●遠隔地のパソコンに入っているCADソフトや経理ソフトを遠くでも使いたい
と言った場合、インストールするパソコンや契約するIDを増やす必要がありますので当然ながら別途料金が必要になってきます。

これらソフトの稼働率が高ければ費用が掛かったとしても新たに契約して増やす必要性もあるのですが、稼働率が現状でも余裕があるのであればその費用はもったいないですよね。そこで今回のような設定が非常に有効になります。

ネットの環境にもよりますが、遠隔地であってもとても安定して使えるのがこの機能の特徴で、さすがWindowsの標準機能と言ったところでしょう。そもそもの用途が異なるので比較しても仕方ないですが、市販のリモートコントロールソフトを使ってもこれほどの安定性や操作性は実現できません。普段からリモートサポートを行っている私が感じているのでその差は歴然です。

IDを新たに増やすのはいつでもできます。その前にまずはこう言った無料の機能を活用してみてはいかがでしょうか?