G者様よりエクセルVBAを活用した専用ソフトのご依頼を頂き、無事に納品が完了しました。今回のソフトは会社に寄せられた請求書をどんどん入力していくと、各製品の費用(原価)、利益額、利益率、支払期日などが自動的に計算されて各帳票にまとめられるというものです。手作業で行う事を考えれば、その効率や間違いなどはもく比較にはなりません。

エクセルをご存知の方の中には『エクセルなんてたかが知れてる』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このエクセルというツール、作り込みによっては日常の業務を劇的に変えてくれるほどの効果が期待できます。市販のソフトでは会社それぞれの特性に合わなかったり、ソフト会社に依頼すれば規模も金額もけた違いに大きくなってしまいます。もちろん、会社の基幹システムやERPのように企業全体のプロジェクトの場合は、システム会社やソフト会社に依頼するべきですが、小規模部署で利用する場合は今回のようなエクセルベースのソフトが効果的ですね。

制作期間やコストも小さく済みますし、変更などの対応もとても小回りが利きます。大きなシステムではありませんが、こうした改善は業務効率化に大きく貢献しますので、ぜひご検討されてみてはいかがでしょう?(^^)V